久留米大学循環器病研究所の新着情報

新着情報

大動脈分子病態研究会2017を開催しました!(2017.8.31)

循環器病研究所では8月10日に、大動脈分子病態研究会を開催しました。謎が多く研究者も少ない大動脈疾患の解明を進めるために、研究者が最新の知見を持ち寄る研究会で、2008年から開催しています。

大動脈分子病態研究会2017を開催しました.001

今年は全国14施設から40人の参加があり、大動脈瘤や大動脈解離について様々な観点から9つの演題が発表されました。

研究会後は焼き鳥屋で研究の苦労や将来について語り合い大いに盛り上がりました。

ご協力、ご参加くださった皆様に御礼を申し上げます。

大動脈研究会2017プログラム

『ひらめき☆ときめきサイエンス』を開催しました!(2017.8.31)

恒例となった「ひらめき☆ときめきサイエンス」を7月30日に開催しました。これは科研費による研究の面白さを知ってもらうための日本学術振興会の事業で、高校生21人を研究所に迎えて楽しい一日を過ごしました。

研究の意義や内容を紹介し、一緒に実験しながら仕事やキャリアについて高校生の皆さんと考えました。受講した高校生の皆さんからは、実験や研究者・医師としての経験談は大変好評でした。佐々木健一郎先生のイニシアチブによる心臓のパズルと、研究者・医師へのQ&Aコーナーは特に好評でした。研究所メンバーとしても改めて自分のキャリアを振り返る機会になりました。

本プログラム実施にあたり、ご協力くださった皆様に御礼を申し上げます。

ひらめき2017循研HP#1

ひらめき2017循研HP#2

 

循研ピアレビューを開催しました!(2017.8.31)

今年も7月25日〜27日に循研ピアレビューを開催しました。循研ピアレビューは科研申請書を題材とする集中トレーニングで、申請書を強化するとともに論理的な考え方を鍛える年1回のイベントです。具体的な内容はこちらをご覧ください。ピアレビュー2017

循研ピアレビューでは問題解決に向けた「考え方のフレームワーク」を導入しています。「フレームワーク」については「雑感」の関連記事「問題解決フレームワーク」(2017.8.31)をご覧ください。

循研では従来から、4つの観点(重要性、独創性、リアリティ、読みやすさ)で申請書の評価について参加者が共通認識を得られるようにしています。また、3段階の論点(問題点、良いところ、売り)により方向がぶれないようにしています。

今年は、7月11日の記事にあるように理解の枠組みを導入しました。研究初心者だけで実施する循研ピアレビューですが、メンバーは素晴らしい集中力、積極性を発揮し、全員が協力してプロ研究者並みのディスカッションを繰り広げ、納得のいく結論にたどり着きました。

循研ピアレビューは、このような経験をもとにさらにフレームワークを進化させ、成長を続けています。

 

循研ピアレビューを開催します!(2017.7.11)

今年も恒例の循研ピアレビューを開催します。ピアレビュー図2017

循研ピアレビュー(http://kurume-junken.com/activity/)は若手が力を合わせて科研申請書をブラッシュアップするイベントです。研究申請書の意義、独創性、実現可能性を全3回のディスカッションを通じて探ります。

7月25日(火) 問題点はどこに?

7月26日(水) 売りを探せ!

7月27日(木) 突破口はどこだ!

いずれも18時開始です。

今年は新たな挑戦として、3日間連続で開催しディスカッションの密度を上げます。さらに循研で使っている「理解の枠組み」でプロジェクトの全体像を捉え完成度の向上を狙います。

興味のある方は、循環器病研究所にお問い合わせください(http://kurume-junken.com/contact/)。

アンケート御礼(2017.2.11)

心臓・血管内科(3内科)の先生方へのアンケートでは多くのご回答を頂きました。

ご協力くださった皆様に御礼を申し上げます。

調査結果概要を解析後に公開予定です。

ご協力くださった皆様には、より詳しい結果をお送りいたします。

有難うございました。

心臓・血管内科(第3内科)の先生方にアンケート調査を実施します!(2016.11.11)

心臓・血管内科(第3内科)同門および医局員の先生方

いつも研究活動へのご支援をありがとうございます。

より良い研究体制を目指してアンケート調査を実施いたします。

こちらのリンクからアンケート回答フォームにお進みください。

(↑ 調査終了のためリンクは削除しました。ご協力有難うございました。)

これからもご指導、ご支援のほどお願い申し上げます。

久留米大学 循環器病研究所

青木浩樹

雑感に「理想のボス」を掲載しました!(2016.10.7)

雑感に「理想のボス」を掲載しました。

教室初のロコモ検診を行いました!(2016.9.28)

 2016%e5%b9%b4%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%83%a2%e5%81%a5%e8%a8%ba_%e6%8a%9c%e7%b2%8b骨格筋の減少や筋力の低下(サルコペニア)、骨量減少による骨粗鬆症、関節軟骨性による変形性膝関節症は加齢とともに増加します。これらは日常運動機能の低下、転倒・骨折のリスク上昇をもたらし、将来の要支援・要介護率を増加させます。日本整形外科学会は世界に先駆け、この症候概念を「ロコモティブ・シンドローム」と提唱し、その啓蒙活動・早期発見・予防治療介入に取り組んでいます。

 心臓血管病の患者さんは症状の悪化や再入院を恐れ、無意識に活動性を低下させているかもしれません。その結果、健常人に比べて比較的早期にロコモティブ・シンドローム状態に陥っているかもしれないのです。心臓血管病患者さんの生命予後に腕や足の筋力、握力が関与しているとの報告も最近見受けられます。「ふくらはぎ」は「第2の心臓」とも言われています。その筋肉が衰えることは健康度低下につながると考えられます。

 今回私たちは、田主丸町柴刈区の住民の方々を対象に、本年7月から約2ヶ月間に渡って「ロコモティブ・シンドローム検診」を行いました。現在抱えておられる心臓血管病や高血圧、糖尿病、脂質異常症などについての情報収集、体組成測定検査、骨密度測定検査、各種運動機能・筋力検査、血液検査、認知症検査をすべて無料で行い、その結果をもとに幅広い生活指導を行いました。

 心臓血管病と運動機能障害の両面から同時に生活指導を行う健診事業は、我が国が今後迎える超高齢化社会への対策事業として必要かもしれません。

 

 

「ひらめき☆ときめきサイエンス」を開催しました!(2016.8.17)

日本学術振興会事業「ひらめき☆ときめきサイエンス」を7月31日(日曜)に循研で開催しました。ときめき2016_1

これは科研費による研究活動を小中高生に紹介することが目的の事業で、全国の大学や研究機関で開催されています。

循研では「心臓病研究の最前線」と題して、超音波や顕微鏡による心臓の観察を高校生に体験してもらいました。ご参加の皆さんには、高校での学びの先に医学研究や医療キャリアが開けていることを、初めての体験を楽しみながら感じていただけたことと思います。

このプログラムにご参加の皆様、ご協力くださった高校関係者の皆様、循研メンバーに感謝いたします。

参加者の声
• 今日はとても楽しかったです。ありがとうございました。
• 自分は心臓の勉強に苦手意識がありましたが、本当に沢山の事を学べました。まだ高1ですが進路のことを考えながら、学校生活を過ごしていきます。
• 始めに心臓の仕組みをよく知ることで、後で自分の心臓を見た時にすごく理解出来ました。順番がすごく良かったです。
• 自分の心臓を初めてみて楽しかった。
• 図録か教科書でしか知らなかった心臓が臨場感あふれる現場で感じられて、とてもわくわくしました。
ときめき2016_2• 自分の心臓をエコーで見れたのが嬉しかった。マウスと人間の心臓がとても似ていることがびっくりしました。また動脈硬化になっている心臓と元気な心臓がとても違っていたのが見えて良かった。
• 楽しかったです。PTCAなどの話もあったら聞きたいと思いました。
• 実際に心臓をエコーで見て、右心室、左心室、右心房、左心房、弁などの器官がはっきり見えて超音波はすごいと思いました。
• とても楽しかったです。医師の方々と実際にお話しすることが出来て、とてもいい刺激になりました。普段簡単には体験できないような事がいっぱいで、とても良い機会になりました。
• エコーを自分でやるのは普段は絶対出来ないので、とてもためになりました。今回、心臓について知れたので良かったです。
• 今までにもひらめき・ときめきサイエンスの体験に参加したことがありましたが、今回が一番面白かったです。同じような機会があったら、また参加させて頂きたいです。
• 貴重な体験をありがとうございました。内容が濃く、普通は経験できないことを経験でき、また先生方が気さくで、すごく楽しく過ごせました。またこのような機会があれば参加したいと思います。
• とても分かりやすく、研究者の方が優しかったので楽しかったです。また機会があったら行きたいです。
• 細胞の染色だったり、エコーだったり普段できないような事が経験できたので、とてもためになりましたエコーは初めてで、また自分でとるという体験が、とても楽しかったです。

循研ピアレビューを開催しました!(2016.7.22)

今年も恒例の循研ピアレビューを開催し、研究生が力を合わせて1つの科研申請書の強化戦略を検討しました。

   雑感に関連記事「循研ピアレビュー2016の舞台裏」

 

総合司会を務めてくれた下園弘達先生と初めて参加した柴田龍宏先生に感想を聞きました。

   心臓・血管内科HPより転載

循研ピアレビュー2016.004

循研ピアレビュー2016.001

 

総合司会を経験して(下園弘達)

 先日、2016年度の循研ピアレビューを開催しました。ピアレビューとは昨年度に不採択であった科研申請書を循研や疫学班のメンバーで評価・検討するものです。

 今回、私は最終日の総合司会を拝任しました。研究に従事してから1年しか経過していない、最も新参者と言える立場ですので十分に役割を果たせるか不安がありました。当日までに議論の内容・会の進行について考えましたが、議論は流動的に進むので内容について十分に対策を練ることはできませんでした。そこで会の進行についてのみ対策を立て、単純に一つの事だけ忘れないようにすることにしました。それは私も含め全体の誰一人もが「一番の売り」を見失わないようにする事です。

 ピアレビューの中で「科研申請書の一番の売りを決める」という議題があります。総合司会として一番気をつけるべきは全員で決めたこの「売り」を見失い、全体の舵がとれなくなることだと考えました。誰か一人でも「売り」を見失えば、その人はピアレビューから外れてしまう形になります。新参者という立場を利用して、少しでも分かりにくいところは説明を求め、全体の雰囲気を見て疑問がなくなるように心がけました。やはり幾度となく議論が迷走の危機にさらされ、舵が切れなくなりそうになりましたが、先輩方の助けもあり何とか全員の力を借りてまとめることができました。

 十分な司会進行ができたのか自分では分かりませんが、少なくとも私にとってかけがえのない経験になりました。全員が一人の科研申請書のために膨大な時間と労力を惜しまない仲の良さ、これが当研究所の最大の「売り」なのかもしれません。今回の循研ピアレビューで科研費申請書が採択となるように申請者とともに祈っています。貴重な経験の場を頂き心より感謝します。

 循研ピアレビュー2016.002

 

循研ピアレビューに初参加して思うこと(柴田龍宏)

 本年度より循研ピアレビューに参加したが、心地よい疲労感と共に、新たな世界への切符を手にいれた気分(!?)に浸っている。

ピアレビューとは、一般的にはある評価対象について共通の専門的知識を有する仲間(peer)によって行われる評価や審査の事である。循研ピアレビューは前年度不採択だった科研費申請書1つを課題に据え、若手循研メンバーというpeerによる3日間の真剣討論が行われ、“採択される科研申請書”を目指す取り組みである。重要性、独創性、リアリティ、読みやすさという4つの確固たる軸の中に、売りと問題点とを若手が自由に論じる事のできる“ゆるさ”を内包している。

ピアレビュー中には何度か「ブレイクスルー」が起きる。それはちょっとしたきっかけで起き、必然と偶然が入り混じっているように感じるが、とにかく、そのブレイクスルーによって散っていた論点が一気に収束していく。毎日自分の机に向かっているだけでは絶対に得ることのできない、集団の突破力を目の当たりにする。

不採択だった科研費申請書が、3日間で蛹から蝶に変わっていく姿に感動する。この経験は絶対にしたほうがいい。循研ピアレビュー、参加すべしです。

循研ピアレビュー2016.003